【サンプル記事】格安SIMとは?今さら聞けないお得な通信サービスをわかりやすく解説

※この記事はサンプル用です

登場以来、キャリアから乗り換える人がどんどん増えている、格安SIM。あなたの周りでも、格安SIMを使っている人は、多いのではないでしょうか?

月々のスマホ料金が安くなると聞いて、興味はあるものの、いまいちどういうものか分からず、手が出せないという人は多いもの。たしかに、よく分からないまま契約して、後悔するのは避けたいところです。

そこで本記事では、格安SIMがどんなサービスで、どんなメリット・デメリットがあるのかについて解説。あわせて、実際に格安SIMを使用する方法についても、説明していきます。

格安SIMとは格安で利用できるスマホの通信サービス

格安SIMとは、「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」の3大キャリアに比べて、格安の料金で利用できる、スマホの通信サービスです

「SIM」とはSIMカードのことで、主にスマホの側面に挿入されているICカードです。

SIMカードには、契約者を識別するための情報が記録されています。これがなければ、電話番号を利用した通話や、モバイル回線を利用したインターネット通信はできません。

格安SIM事業者は、このSIMカード、およびSIMカードを使った通信サービスを低価格で提供しています。安さの理由は、格安SIM事業者がキャリアの回線を借りて、提供していることです

モバイル通信には、電波を発信する基地局の存在が欠かせません。3大キャリアはいずれも基地局を持っており、これには維持費がかかります。この維持費を賄う必要があるぶん、キャリアのスマホ料金は、やや高めに設定されています。

その点、格安SIM事業者は、キャリアの設備を借りているため、基地局の維持費がかかりません。そのぶん、通信サービスを安く提供できるのです。

格安SIMのメリット!月額基本料金はこんなにも安くなる

格安SIMのメリットは、なんといっても、スマホの月額基本料金が安くなること

3大キャリアと主な格安SIM事業者の月額料金の比較表は、以下のとおりです。

1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 7GB 15GB
NTTドコモ 3,150円 4,150円 5,150円 6,150円
au 3,150円 4,650円 6,150円
ソフトバンク 2,980円 3,980円 4,980円
UQモバイル 1,480円 2,480円
Y!mobile 1,980円 2,980円
mineo 1,180円 1,380円 ­―
IIJmio 780円 980円 1,680円

※いずれも税抜価格。一部のプランを抜粋。格安SIM事業者は「音声通話SIM」の料金を記載

これを見れば、キャリアに比べて、いかに格安SIMの月額料金が安いか、明らかです。

格安SIMのデメリット!通信速度は低くなる

大手キャリアから回線の一部を借りている以上、格安SIMの通信速度は低くなりがちです

この点は、回線を道路、ユーザーを車にたとえると分かりやすいでしょう。ユーザーは、自分が契約している回線を、他のユーザーと分け合う形で利用しています。

キャリア回線を、通行帯がいくつもある大きな道路とたとえるなら、車(そのキャリアのユーザー)がたくさん通っていても、混雑しにくくなります。道が混雑しなければ、高速での通行、つまり高速通信が可能です。

一方で、格安SIMは、いわばキャリアの道路から一部の通行帯を借りている状態。その道路を、同じ事業者と契約しているユーザーたちで利用する形になります。限られた通行帯を、多くの車が通ることになるため、混雑しやすく、速度も低くなってしまいやすいのです。

実際に、3大キャリアと主な格安SIM事業者、それぞれの通信速度の実測値の平均を比較してみると、以下の結果となりました。

下り速度 上り速度
NTTドコモ 121.65Mbps 15.04Mbps
au 99.4Mbps 14.04Mbps
ソフトバンク 75.5Mbps 14.5Mbps
UQモバイル 44.26Mbps 9.5Mbps
Y!mobile 50.01Mbps 11.95Mbps
mineo 29.98Mbps 9.5Mbps
IIJmio 42.13Mbps 9.34Mbps

参考:みんなのネット回線速度(2021年6月16日時点から直近3カ月)

3大キャリアに比べると、格安SIMの通信速度は、低いことが分かります。

結論!速さより安さ重視なら格安SIMがおすすめ!

3大キャリアと格安SIM、どちらにするかで迷ったら、自分が月額料金の安さと通信速度、どちらを重視するかで考えてみるといいでしょう。

キャリアは月額料金こそ高いものの、通信速度も格安SIMより高く、安定しています。一方、格安SIMは通信速度こそ低いものの、月額料金はキャリアに比べて、ずっと安価です。

一般的に、ネット通信が快適にできる速度は、10~30Mbpsと言われています。そのため、通信環境にもよりますが、格安SIMでも十分快適なネット通信が可能です

格安SIMを使用する3つの方法

格安SIMは、格安SIM事業者に申し込みをして、送られてきたSIMをスマホに挿入し、初期設定することで使用できます。ただし、多くの場合、今使っているスマホのSIMを挿し替えても、格安SIMは使用できません。

格安SIMを使用するには、以下3つのうち、いずれかの方法をとります。

格安SIMを使用する方法
  • 使っているスマホのSIMロックを解除する
  • SIMフリーのスマホを購入する
  • スマホとSIMのセットを購入する

ここでは、それぞれの方法について、説明していきます。

同じスマホを使い続けたいならSIMロック解除

3大キャリアのスマホには、「SIMロック」がかかっています。SIMロックは、各キャリアのスマホにかけられた機能制限です。

キャリアのSIMロックがかかっている状態では、他のキャリア回線のSIMを挿入しても、通信ができません。このSIMロックを解除することで、キャリアで購入したスマホでも、格安SIM事業者のSIMを挿入して、使えるようになります

SIMロックは、各キャリアショップに行って解除してもらうほか、各キャリアのマイページからも解除の手続きができます。ただし、スマホの機種や購入時期によっては、解除ができない場合もあるので、注意しましょう。

また、契約中のキャリアと、新しく契約する格安SIM事業者によっては、SIMロック解除が不要な場合もあります。それは、格安SIM事業者が、乗り換え前のキャリアと同じ回線を使用している場合です。

各格安SIM事業者では、3大キャリアのいずれか、または複数の回線を借りて、ユーザーに提供しています。現在ドコモと契約しているなら、ドコモ回線を利用している格安SIM事業者(またはプラン)と契約すれば、基本的にSIMロック解除は不要です。

スマホを買い換えるならSIMフリーのスマホを購入

格安SIMへの乗り換えに際して、スマホを新しく購入するなら、「SIMフリー」のスマホを選びましょう。SIMフリーのスマホとは、SIMロックがかかっていないスマホを指します。

例えば、Appleのオンラインストアでは、SIMフリーのiPhoneが購入できます。

SIMフリーのスマホなら、格安SIM事業者から送られてきたSIMを挿入することで、そのまま使用が可能です。

お目当ての格安SIM事業者があるならスマホセットも検討

各格安SIM事業者では、スマホとSIMのセット販売もしています。スマホとSIMのセットなら、それぞれを別々に購入する手間が省けます。

お目当ての格安SIM事業者があるのなら、販売ラインナップから、欲しいスマホがないかチェックしてみるといいでしょう。

まとめ

格安SIMは、3大キャリアのモバイル回線を借りることで、ユーザーに安価な月額料金での提供を可能にした、スマホの通信サービスです。安価な反面、キャリアに比べて通信速度が低くなるのがデメリットですが、それでも十分快適な通信が可能です。

「スマホの月額料金が高すぎる」と悩んでいる方は、これを機に、格安SIMへの乗り換えを検討してみてはどうでしょうか。

 

 

この記事が気に入ったら、みんなにシェアしよう!