警官が仕事中、信号無視した結果はこちら

はい、どうも。ヴァシコ(@vasico7)です。

ぼくは子供のときに、拾った財布を交番に届けたのに、お巡りさんにバカ呼ばわりされて警察嫌いになりました。

拾った財布を交番に届けたら、警官に「バカ」って罵られた話

2017.03.30

その後大人になって、占い師に「公務員が向いている」と言われて、嫌いだった警察に安易に就職します。

警察嫌いのぼくが警官になった3つの理由

2017.04.01

こんな人間が警官になったら、どうなってしまうのか?

その結果の一部をご覧ください。

 

スポンサーリンク

赤信号を無視する警官

ぼくのいた県警では、交番勤務員はバイクで移動します。

昔は交番バイクといえばもっぱらホンダのカブだったそうですが、近年はスクーターがトレンドです。

そのおしゃれな相棒にまたがって、検問に出かけた夜のこと。

それはそれはとんでもないことに…。

信号無視

検問へ向かう道の途中、ぼくは片側3車線の大きな道路の左端の通行帯を走っていました。

道はガラガラで、右隣の車線に車が1台いるのみ。

赤信号で停車中のようでした。

ぼくは停止している車の左側をさっそうとバイクで駆け抜けていきました

そのまま道をしばらく走り、次の信号で停まると、後ろから付いてきていた後輩が、

後輩
先輩、さっき赤信号無視してましたよ。
ぼく
え、マジで?(←気づいてない)
ぼく
ごめん、黙っといて(←隠ぺい)

 

そして通報へ

しばらくすると、署にいる上司から公用の携帯電話に着信が入りました。

ぼく
ヤベぇ、いやな予感しかしねぇ( ;゚Д゚)
係長
お前、さっき赤信号無視したらしいな?
ぼく
え、そうなんですか?
ぼく
気がつきませんでした。(棒)
係長
今すぐ署に来い。

 

いったい何故バレたのか。

賢明な読者の方なら、もうお気づきでしょう。

ぼくが信号無視をしてしまった道路。

その隣の車線には1台の車が停まっていたことを…。

その車の運転手から通報が入ったのです。

そしてその道路の近くの交番についていたことから、犯人はぼくだとすぐに特定されました。

署に到着し、上司のもとへ。

もちろんカンカンに怒っています。

係長
さっき通報があってな。
係長
警官が赤信号無視して走っていったのを目撃したと。
ぼく
・・・。
係長
信号無視したのか?
ぼく
さぁ?(すっとぼけ)
係長
!!?
ぼく
自分ではしたつもりはありません。(嘘ではない)
ぼく
でも、目撃者がいたんなら、気づかずにしてしまったのかもしれません。

 

こうしてぼくはめちゃくちゃに怒られ、キップを切られ、厳重注意されました。

家に帰れたのは、次の日の夜のこと。

それまで署で反省させられていたのでした。

スポンサーリンク

ノリノリの通報者

通報者の言い分はこうでした。

通報者
警官が赤信号無視をしてるのを見ました。
通報者
前に私が交通違反をしてキップを切られたときに「警官も違反をしたら切符をきられる」って聞きましたよ。
通報者
これ、当然切るんですよね?
通報者
あと、運転の仕方が変でしたよ?
通報者
酒でも飲んでるんじゃないですか?
通報者
あと、後ろの警官(さっき出てきた後輩)も信号無視してましたよ。

 

通報を受けた職員からの話によると、えらく嬉しそうにノリノリで喋っていたらしい。

ちなみに酒は飲んでいないし、後輩は信号無視していない…。

警官は、嫌われている

今回の件は完全にぼくが悪いです。

通報者の方を悪く言うつもりはありません。

ぼく
え、書き方に悪意を感じるですって?

 

ただ嬉しそうに通報してきたあたり、少なくとも通報者の方がもともと警察に悪い印象を抱いていたのは確かでしょう。

ここ数年、警官のちょっとした不祥事はすぐにスマホのカメラで撮影されて、ツイッターなどのSNSで拡散されてしまいます。

ぼくがいた頃も、車内で警備中に寝ている警官2人の写真がSNSで拡散されていました。

これも間違いなく、この警官たちが悪いです。

でも、ここまで晒しあげる必要ってあるんでしょうか?

警官は嫌われています。

それは実際にやっていた時に痛いほど感じましたし、ぼく自身も昔はそうでした。

横柄で人の気持ちを考えようともしない。

自分さえ良ければそれでいい。

そういう嫌な警官は、確かにたくさん存在します。

でも今は世間の目もあってか、礼儀正しい、優しい警官も増えてきています。

交番に行ってみてください。

若い警官とか、すごい礼儀正しくてビックリしますよ!

30時間不眠不休のハードワークに耐えられずに体を壊すぼくのような人や、上司と市民の板挟みにあって精神を病んでしまうような気の毒な警官もたくさんいます。

これを読んでくれたあなたが、明日からほんのわずかばかりでも警官に優しくしてくれたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、みんなにシェアしよう!