【ランサー向け】ランサー検索で上位表示される方法【前編】

はい、どうも。ヴァシコ(@vasico7)です。

このブログでも何度か書いていますが、クラウドソーシングサイト「ランサーズ」で、ウェブライターの仕事をしています。

そんなぼくですが、今「ランサー検索」で上位表示されることにハマっています。

なぜそんなことにハマっているのか、ですって?

それはランサー検索で上位表示されると、良い条件の依頼が来て、ひいては稼げると思っているからです(`・ω・´)←他力本願

なんでランサー検索で上位表示されると、良い案件を依頼してもらえるの?
ヴァシコ
そもそもランサー検索って、なんぞや( ゚д゚)?

 

今回はそんな疑問を持っている方のために、ランサー検索というシステムと、ランサー検索で上位表示される方法について書いていきます(`・ω・´)o←疑問を植え付けた張本人

 

スポンサーリンク

きっかけは、ライティングセミナー

きっかけは、10月13日に東京で開かれたライティングセミナーでした。

このセミナーにはランサーズの偉い方も登壇し、「ランサーズハック」について教えてくれました。

記憶力がないのがぼくの売りなのでうろ覚えですが、その方が話した内容は原則非公開かつ、どこまでが非公開だったか忘れてしまったため、当たり障りのない程度にざっくり説明すると…

偉い方
ランサーズで稼ぐためには、直接依頼を狙え(`・ω・´)o!

 

ということでした。(たしか)

直接依頼のメリット

そもそもランサーズの案件は、大きく以下の2種類に分けられます。

  • 提案(ジョブポスト)
  • 直接依頼(スカウト)

 

「提案」は、クライアント様が案件を公開し、仕事を受けてくれるライターを募集する方法です。

クライアント様
誰か、この案件、できる人いない?
ヴァシ子
私がやります!
ヴァシコ
いや、ぼくがやります!
皆さん
どーぞ!どーぞ!

 

(※とは、ならない)

募集するわけですから、当然その案件には複数のライターさんが応募します。

そのなかから選ばれるのは原則一人ですから、提案する人が多ければ多いほど当選率も下がります。

一方直接依頼は、クライアント様が

クライアント様
おっ!このライター、良さげじゃん( ゚д゚)

 

と思ったライターさんに直接メッセージを送り、依頼する方法です。

その案件を依頼されているライターさんは一人なので、当選率は100% です(`・ω・´)o

(依頼されればの話ですが…)

で!

提案と直接依頼の一番重要な違いは、直接依頼のほうが、金額的に条件が良いことが多いという点です!

ぼくが実際にもらった直接依頼

セミナーでこの話を聞いた時、すごく納得がいったんですよね。

ランサーズで報酬額上位ランキングに入ってる方たちのツイートを見たり、直接話を聞いたりすると、直接依頼をかなり多くもらっていることが分かります。

かくいうぼくも、条件の良い直接依頼をもらったことが2回だけあります。

その直接依頼が、以下の2件です。

  • 文字単価4円!税別・手数料別!
  • 記事の添削。一記事3,000円!税別・手数料込み

 

当時のツイートが、これ↓です。

  • 文字単価4円↓


このツイートをした時、興奮しすぎて文字単価の計算を間違えました(゚∀゚;)笑

実際は、文字単価4円だったんです。笑

  • 添削↓

  • おまけ↓

ぼくは普段、文字単価1.5円~2.5円くらいの案件を受注しています。

それらと比べても、直接いただいた依頼は相当おいしい(←言い方…)案件です。

家が3軒建ちます(`・ω・´)o←言い過ぎ?

直接依頼を増やすためには?

では、こうした直接依頼を狙って受注するためには、どうすればいいんでしょうか?

その方法が、ランサー検索で上位表示されることです。

直接依頼をするクライアント様は、ランサー検索機能を使って、条件に合う、良いライターさんを探しています。(たぶん)

ランサー検索は、以下の手順で簡単にできます。

  1. ランサーズのページ上部のメニューにある「ランサーをさがす」の文字にカーソルを合わせる
  2. タブが出てきて、職業一覧が表示されるので、そのなかから「ライター」の文字をクリック

 

これだけで、ランサーズに登録しているライターさんが一覧で表示されます。

実際にいじってもらえば分かるのですが、このランサー検索では、「Google神」や「Yahoo!」同様、ライターさんが1ページにつき10人ずつ表示されるのです。

このランサー検索で上位表示されれば、ライターを探しているクライアント様の目に留まりやすくなり、ひいては直接依頼される可能性が高くなるという寸法です(`・ω・´)o

 

スポンサーリンク

ランサー検索で上位表示される方法

では、ランサー検索で上位表示されるためには、いったいどうすればいいのでしょうか?

一般的に、ランサー検索で上位表示されるために重要なことは、以下の4点だと言われています(たぶん←どこまでも適当)

 

  • 実績
  • 報酬額
  • プロフィールの充実度合い
  • ランサーズストアの出品

 

さらに先月から、これらの要因に加えて、「本名」「顔出し」の2点も重要な条件になりました

プロフィールのユーザー名を氏名で表示できる設定を追加しました(ランサーズ公式ページ)

ランサーズでは、ペンネーム(?)かつアイコンを使って登録している人が多くなっています。

ぼくも最近まで、「ヴァシコ」名義で、独自のアイコンを使っていました。

しかしこれからは、本名かつ顔出しの人を上位表示させるとのことです。

これは多くのクライアント様から、「本名+顔出しの人のほうが安心して仕事を依頼できる」という意見があったからだと、ランサーズの偉い方が言っていました。

ランサー検索で上位表示されるためにぼくがやったこと

さて10月に開かれたライティングセミナーで、ランサー検索で上位表示されることがいかに重要かを学んだぼくですが、上位表示のための施策をしたのはごく最近です。

実はセミナーの前後、色んなことが重なって

ヴァシコ
え?ころす気なの( ゚д゚)?

 

と思ってしまうくらい忙しかったからです。

(しかし安心してください。稼げてはいません。苦笑)

鬼ほど忙しい期間は1ヶ月ほど続き、ようやく少し余裕ができたので、いまさら上位表示のための施策に打って出たというわけです(`・ω・´)o

ここでは上位表示されるために、ぼくが実際にやったことを紹介していきます。

ひとまず上位数ページをチェック

自分が上位表示されるためには、まず実際に上位表示されている人のチェックは欠かせません。

上位表示されている人のプロフィールを見れば、どうすればそこに行けるかが分かるからです。

さてチェックした感想ですが、率直に驚きました…!

なぜなら本名+顔出しの人が、ぼくの想像していた700倍以上に優遇(上位表示)されていたからです(゚ロ゚ノ)ノ!

ランサー検索では、表示されているライター名の横に、その人の実績が表示されます。

実績は、そのライターさんが、これまでランサーズでこなしてきた案件の数を意味します。

ランサー検索でも、この実績数が最重要視されると思っていたのですが、実際に検索してみると実績数が1桁の人もたくさん上位表示されていたんです

ヴァシコ
これは、どうなんだろう…?

 

しかし、逆にこう↓も思いました。

プロフィールのテコ入れ

で実際に、自分が上位表示されるために以下のことをしました。

  • 本名を晒した
  • 素顔を晒した
  • ポートフォリオを6つ登録した
  • ランサーズストアに2つ出品した
ヴァシコ
これで上位表示されんだろ(`・ω・´)?←ドヤ顔

 

結果はCMの後

結果、こうなりました。↓

ランサー検索で、見事4ページ目に表示されました(ノ∀` )

Google神と違うのは、プロフィールをテコ入れしてから、上位表示されるまでのタイムラグがなく、翌日には反映されてたことです。

というわけで、その日はルンルン気分で寝たのですが、翌日衝撃の事実に気がつきます(lll ゚д゚)

深まる謎!

ランサー検索で上位表示に成功した翌日の昼、ランサー検索の順位を確認すると、自分の姿がなくなっていたのです(lll ゚д゚)!

ヴァシコ
え、なんで?しんだの、あの人(←自分)?

 

と思い、ページを順番にチェックしていくと、なんと9ページ目まで順位が下がっていました(lll ゚д゚)

謎なことに、実績が1桁のたくさんのライターさんたちに順位を抜かれまくっていたのです

しかし、ピンチはチャンスとも言います(`・ω・´)o←切り替え

実績が少なくても上位表示されているということは、そこには何かしらの理由があるはず!

そうしたライターさんたちのプロフィールをチェックすれば、上位表示の隠れた要因が分かるというものです(ノ∀` )

というわけで、くまなくチェックしました!

んがっ!

ヴァシコ
げ…解せぬ…(lll ゚д゚)

 

実績が少なくて上位表示されているライターさんたちは、ポートフォリオの作成も、ランサーズストアの出品も、特にしていませんでした。

なかには、プロフィールを少ししか書いていない人もいたほどです。

ヴァシコ
え?なんで負け(?)たの、俺(lll ゚д゚)?

 

分からないので、昨日ランサーズのサポートに、8つくらい色々と質問してみました。

もしランサーズのサポートから回答が来て、なおかつブログで公開する許可をいただければ、次回その真相について書こうと思います(`・ω・´)o

いつまで経っても後編がアップされなかった場合は、お察しください(´・ω・`)

というわけで、後編に続く!(たぶん)

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、みんなにシェアしよう!