警察官になるなら諦めたい4つのこと~中編・休日出勤のカラクリ~

はい、どうも。ヴァシコ(@vasico7)です。

前回に引き続き『警察官になるなら諦めたい4つのことシリーズ』。

今回は中編です。

前編はこちら↓

警察官になるなら諦めたい4つのこと~前編・管理されすぎた男~

2017.07.08

さて前回、警察官になるなら諦めたほうがいいもの4つのうち2つを紹介しました。

1つ目が自由で、2つ目がプライバシー。

どっちもメチャクチャ重要な物ですね(゚д゚lll)

今回は3つ目をご紹介します。

前回に負けず劣らず大事な物ですよ。笑

警察官になるなら諦めたいこと。

3つ目は、休みです。

休みのなさについては、このブログでも何度か触れていますが、今回は

ヴァシコ
なぜ休みがなくなるのか?

 

このあたりのカラクリを解明していきたいと思います。

※最初にことわっておくと、ぼくは交番勤務しか経験していないので、刑事課など他の課の話は詳しくできません。以下はあくまで、ぼくのいた地域課での話になります。そのつもりで読み進めてくださいm(_ _)m

 

スポンサーリンク

交番警察官の仕事サイクル

警視庁を除けば、各道府県警の地域課の勤務サイクルは3交代制。

上の図で1係勤務の人なら、水色の24時間が仕事の時間帯で、他の係が勤務するピンクと黄色の時間帯は原則オフです。

仕事前の準備や次の係への引継ぎなんかもあるので、実際の仕事タイムは30時間弱ってトコですが。

ただ、ピンクと黄色の時間帯に仕事が入ることもままあります

交代直前に大きな事件があったり事件の犯人を捕まえたりすると、処理が終わるまで帰れません。

(夜までかかることもザラ。)

で、問題なのは黄色の時間帯。

この日は本来オフのはずなんですが、この休日がしょっちゅう潰れます

休日出勤の種類

では、どういう時にこの休日がつぶれるのか?

これには、おもに2パターンあります。

①イベントに駆り出される

花火大会やマラソン大会などのイベントが開催されるとき、そこには大量の警官たちが警備についていますよね?

あの警官たち、実は本来その日オフだった人たちなんです。

だってその日が仕事の人たちは、通常の業務にあたっていますから。

こうしたイベントがあるたびに、休みが潰れていくわけです。

マラソン大会なんか道路を封鎖するから、道行く人たちにすごい文句を言われるんですよ。

ぼくも警備をしていて、外国の方に

外国人
フ○○〇ン・マラソンヌ!

 

と連発されたことがあります。

でも一番文句を言いたいのは、休みをつぶされた挙句、市民に文句を言われる警官たちです。

(少なくとも、ぼくはそう思ってました。笑)

他にも、全国一斉飲酒検問や武道大会など。

警官としては有り難くないイベントが盛りだくさんです(゚∀。)

まぁ、このへんは時間外でお金が貰えるので百歩譲っていいんですが、問題はこの次…。

②ノルマ不足で自主出勤

これです。

このブログでもたびたび触れていますが、警察には係のノルマというものがあります。

警察の激務さについて語ろうか

2017.04.03

これが足りないと、係長が上から怒られます。

その結果、休日にサービス出勤の嵐になるワケです。

そのカラクリを説明しましょう。

(あくまで、うちの署の場合)

サービス出勤のカラクリ

さて、うちの所属する係は、全体のノルマが未達です。

係長は署の偉い人(役職等は伏せます)に毎回、その実績状況を報告しなければなりません。

ぼくのいた署では、当時こんなやりとりが頻繁にされていたそうです。

偉い人
実績これだけか?少ないな。
係長
申し訳ありません…。
偉い人
こんなんで月間の目標を達成できるのか?
偉い人
このペースじゃ無理だよな?
係長
はい…。
偉い人
で、どうするんだ?
係長
休日に出勤して仕事します。
偉い人
そうか、わかった。自主的にってことだな?
係長
はい…。

 

こんな感じです。

ちょっと駆け引きが分かりづらかったかもしれませんね。

要はまず、実績が足りない時点で「どうするか?」と聞いたら、係長は「休日に仕事します」としか答えられないワケです。

そのことをこの偉い人は、もちろん分かったうえで聞いています。

でも直接「やれ」なんて言ってませんよね?

あくまで係長が、自主的に「やる」と言ったんです。

つまりは

偉い人
あくまで自分で「やる」って言ったんだから、給料なんて発生しないよ?サービス出勤だよ?

 

ってことです。

暗黙の了解ってやつですな。

そして係の実績というのは、あくまで係員が稼いでくるもの。

係長が休日返上で仕事すると宣言した以上、係員全員強制参加です。

当然、無給で(゚д゚lll)

こうしてノルマが達成できるまで、不毛なサービス出勤は続きます

スポンサーリンク

ノルマ未達の理由

とはいえノルマが未達成だからサービス出勤をするハメになるワケで、達成すれば問題ないですよね?

でも、このノルマが達成できないことにも、ちゃんと理由があったんです。

警察には、検挙の強化月間というものがあります。

ぼくのいた県警では年2回ありました。

これに該当する月は、ノルマが他の月よりも多くなります。

要は年に2回は、めちゃくちゃ頑張らなきゃいけない月があるんです。

(まぁ、それ以外の月も大変なんですが…。)

民間企業でいえば、繁忙期のようなものですね。

で、うちの署で署長が変わった時、新しい署長が毎月言うんですよ。

署長
今月はミニ月間にする。

 

って。

ミニと付いていますが、全然ミニじゃありませんでした。

毎月、強化月間なみのノルマを押し付けられるんです。

(署全体の実績が高いと、署長の評価があがるんでしょうか。まぁ、コレは憶測ですが。)

さっき言った民間企業の例で言えば、毎月繁忙期になるようなもの

コレがどれだけ大変か…。

AKBの総選挙だって、もし毎月やっていたら、ファンはあんなに投票券を買うでしょうか?

オリンピックやワールドカップが年2回ペースで開催されていたら、あんなに盛り上がるでしょうか?

それらと同じで、毎月強化月間のノルマを押し付けられた警官たちは、果たして毎月頑張れるでしょうか?

ってことなんです。

しかもノルマが達成できないぶんは、休む間もなくサービス出勤でカバー

警官は疲れと不満が溜まって、パフォーマンスが落ちる

実績がますます減って、サービス出勤がさらに増える

以下、無限ループ

これがずっと続きます。

ノルマが毎月増えた結果

それでは毎月強化月間のノルマを押し付けられた警官たちは、果たしてどうなったのでしょうか?

以下、3つの結果が得られました。

①事故多発

ぼくのいた係の話ですが、バイク勤務員の若手たちが仕事中、次々と事故を起こしました。

幸い自損事故かつケガがない軽微なものばかりでしたが、明らかに過労による注意力低下が招いた結果です。

バイク勤務の若手は6人いて、うち4人が事故。

ぼくは事故は起こしませんでしたが、代わりに仕事中に赤信号無視しました。

(これは過労は関係ないか。笑)

警官が仕事中、信号無視した結果はこちら

2017.04.04

②病人・ケガ人が出る

うちの係では病人が2人、ケガ人が1人出ました。

病人のうち1人はぼくで、もう1人はうつ病でしたね。

ちなみに病気で休職中も、じゃんじゃん電話がかかってきましたよ。笑

「早く復帰しろ」って。

警官辞めてからシリーズ~第1話~アトピーで警察辞めた話

2017.04.08

うつ病になった上司は

上司
病院に係長が付いてきて、医者の診断では「治るまで半年~1年の療養を要する」ってところを、無理矢理「1か月にしろ」って診断書を書かせてた。

 

って言っていました(゚д゚lll)

このため、この上司は、休職したものの1か月で無理矢理復帰させられたのです。

けがをした人は上司ではありませんが、もう年配の方でした。

仕事中、バイクを押している最中に突然アキレス腱が切れたそうです。

このケガをした人は、すこし前にキップを切った際、違反者に

違反者
呪ってやる!

 

と言われていたそうなので、その呪いが原因だった線も完全には否定できません

ですがふつうに考えれば、過労で体に無理がたたったのでしょう。

事故や病人・ケガ人が多発しても、偉い人たちは過労が原因だとは全く思わなかったようで、休日出勤が減ることは全くありませんでした。

では、肝心の実績はどうなったのでしょうか?

③実績、県で下から2位!

毎月月間にして、署員を休みなく働かせた結果・・・

県下50以上の署があるうちで、なんと・・・

下から2番目( ;゚Д゚)

やっぱり働きすぎはパフォーマンス落ちるんですね(゚∀゚;)

ちなみに他の署の同期の話なんかを聞くと、大体どこの署も似たような感じで休日出勤の嵐らしいです。

てことは単純にうちがダメだったってことか、ハハッ(゚∀゚)

以上、『警官になるなら諦めたい4つのこと』のうちの3つ目は『休み』でした。

・・・

ところで、こんなことがまかり通っていいんでしょうか?

ヴァシコ
いいんです!

 

実はその理由に、次の4つ目が大きく関係しています。

 

後編につづく(゚Д゚)

警察官になるなら諦めたい4つのこと~後編・法を利用した違法行為~

2017.07.14

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、みんなにシェアしよう!