警察官時代、警備中に寝ているところを市民に盗撮された話

はい、どうも。ヴァシコ(@vasico7)です。

以前、警察は市民から嫌われていると書きましたが、↓

警察はみんなから感謝される?いいえ、その10倍なじられる仕事です

2017.10.03

ぼくの警察官時代に、それを裏付けるエピソードがありました。

それはある事件の警備中に寝ていたら、その姿を写真に撮られたというものです。

これだけ聞いたら

お前それでも警官か(# ゚Д゚)?
そんなの撮られて当然だろ!このクズが(# ゚Д゚)!

 

と思われるかもしれません。

まぁ否定はしませんが。笑

もしよければ、ぼくの言い分も聞いてください。

 

スポンサーリンク

各地で給油所荒し発生

ぼくが警官だったころ、県内各地で給油所荒しが連続して発生していたことがあります。

給油所というのは、ガソリンスタンドのこと。

普段運転する人は分かると思いますが、最近のGSってセルフ(機械にお金を入れて、自分でガソリンを入れる)のトコが多いじゃないですか。

店員がいなくても大丈夫なので、24時間営業できるんですけど、それ故に深夜は人がいない。

その隙をついて泥棒が機械を壊して、中のお金を持っていってしまう。

これが給油所荒しです。

この事件が、県内の各地で連日繰り返されていました。

警備開始

県警的にも「こりゃあマズい」ってことで、各警察署が毎晩、管内にあるセルフのガソリンスタンドを警備することになりました。

時間は、深夜の間の2~3時間。

警察の車をスタンド内に停めて、車内から見張っていました|ω・`)ジー

車はパトカーとは限りませんでしたが、警官の制服を着ているので、よく見れば警察だと分かります。

そうすれば泥棒も近寄ってきません。

ただ…泥棒以外の余計なものが近寄ってくるようになっちゃったんですよね…。笑

ある夜の警備中

警備は犯人が捕まるまで(別途、捜査してた)の長期間、毎晩やっていたんですが、その内のある1夜のこと。

ぼくはその日も、同じ交番の部長と2人でセルフのガソリンスタンドで警備を始めました。

当時ぼくとこの部長が詰めていた交番は、署内でも1番忙しい所で、この日も休憩するヒマもなくヘトヘトなうえ、時間は深夜の2時ころ。

そうなると当然

ぼく
眠ぃ(゚∀。)

 

人間の3大欲求の1つであり、ごく自然な生理現象が襲ってきます。

部長も同じだったようで

部長
1時間ずつ交代で寝よう。

 

と言ってきました。

部長が寝ている間、スタンド内を警備して、1時間経ったのち。

今度はぼくが寝る番。

疲れていたので、ぼくはすぐに眠りにおちました。

しかしこの後、なかなか耳障りなアラームで目を覚ますことになります。笑

スポンサーリンク

寝ている所を盗撮される

部長
何してるんですか?やめてください!
部長
何してるんですか?やめてください!

 

部長の大きな声が聞こえてきました。

目を覚ますと、車のすぐ外で部長と知らないじいさんがもめているようです。

じいさんはすぐに走って逃げていってしまい、部長が車内に戻ってきたので事情を聞いてみました。

ぼく
どうしたんですかぁ(ノД`)?←ネボケ
部長
じいさんが車に近づいてきて、携帯を取り出してヴァシコ(ぼく・仮名)の写真を撮ろうとしたんだよ。
ぼく
はっ( ゚д゚)!←カクセイ
部長
とっさにヴァシコにおおいかぶさって隠したから撮られてないとは思うんだけど、確認しようと思って車を降りたら、じいさんに逃げられちゃったよ。
ぼく
マジかー(゚Д゚)

 

係長の怒り

とりあえず、ことの顛末を係長に電話で説明。

まぁ~、めっちゃくちゃ怒られましたよ…(;´д`)

係長
クビを覚悟しとけ!

 

とまで言われました。

救いだったのは、係長より偉い人たちも含め、署にいた他の上司たちが口を揃えて

他の上司たち
別に問題なくね( ゚д゚)?

 

と言ってくれたこと。

2人揃って寝ていたのなら話は別ですが、順番に寝ていたのなら問題ないとのことでした。

このへんは人によって意見が別れるようですな。

これを聞いて、係長はバツが悪そうにしながらも

係長
他の人たちはああ言ってたけど、本当は問題なんだからな。
係長
お前はクビになっても、おかしくないんだからな?

 

と言ってきました。

係長のことが大嫌いなうえ、自分に都合のいいほうを信じたいぼくは

ぼく
お前の言うことなんか信じるか、バーカ(゚∀゚)

 

と内心思っていましたが。

続・寝ている所を盗撮される

同様の事件(?)は、他の場所でも起こっていました。

ぼくの寝姿が写真に撮られた(かもしれない)何日か後。

さっきとは別の部長と、ぼくの後輩コンビが警備していたガソリンスタンドでのこと。

彼らもまた、1時間ずつ交代で寝ながら警備に当たっていました。

そして部長が寝ている時に、男が近づいてきて携帯を取り出し、写真を撮ろうとしてきたそうです。

後輩が「部長!」と叫びました。

部長は目を覚ますと、すぐに車から降りて男に詰め寄り、彼の携帯を確認して写真を消させたそうです。

続々・寝ている所を盗撮される

そして、ついに事件が起きました。

この報告を聞いたのは朝会でのこと。

なんと別の署の署員2人が車内で爆睡している写真が、ツイッターで拡散されてしまったようなんです(゚Д゚;)

2人とも寝ちゃってたんなら、さすがに擁護はできませんが…。

いやはや、警察側からしたら恐ろしい話でしたね(゚∀゚;)

警察は狙われている

上記の出来事を盗撮事件と(むりやり)定義づけるなら…犯行の動機は2つ考えられますね。

1つは復讐。

多いのが、過去に交通違反をして警官にキップを切られたことを恨んでいるパターン。

こういう人たちは、そりゃあ警察の不祥事が大好物ですから。

警官が警備中に寝ているのなんか発見したら

アンチ・ポリス
アタック(攻撃)チャーーンス( ゚д゚)oグッ!

 

と言いながら、嬉々として写真を撮るでしょう(゚∀。)ニジューゴ♪

もう1つが愉快犯。

ツイッターにこういう写真をうp(※2ch用語)したら、きっとオイシイんでしょうね。

撮られたほうは、自分の醜態が全国にさらされてしまうので、ひとたまりもありませんが(゚∀。)

実際ぼくだって「順番に寝てたんなら問題ない」と言われましたが、盗撮魔は寝てるぼく1人だけを写真に撮ろうとしたハズです。

そのソロショットを見た人には「他にも警官が同乗していて、順番に寝ていた」なんて言い分は通用しなかったでしょう。

あっという間に不祥事警官ですね( ゚д゚;)

ひと昔前なら、こんなことなかったのに。

まったく恐ろしい時代やでぇ(゚∀。)

しかし激務・薄給で、自由・人権・休みもなくて、そのうえ市民からも嫌われ、貶められまでするだなんて…。(詳しく知りたい方は↓の記事をどうぞ)

警察の激務さについて語ろうか

2017.04.03

警察官になるなら諦めたい4つのこと~前編・管理されすぎた男~

2017.07.08

警察官になるなら諦めたい4つのこと~中編・休日出勤のカラクリ~

2017.07.11

警察官になるなら諦めたい4つのこと~後編・法を利用した違法行為~

2017.07.14

警察の仕事って難儀すぎるでしょ…(゚∀。)

 

おわり

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、みんなにシェアしよう!