警官が被害者の娘と付き合った結果がこちら~出会い編~

はい、どうも。ヴァシコ(@vasico7)です。

いま(記事作成時)、PとJKという映画が公開されていますね。

観ていないので内容は存じませんが、タイムリーなので、ぼくの警官時代のあるラブコメディをお送りしたいと思います。

残念ながら相手はJKではありませんが。

というかPに限らず、JKに手を出したら青少年保護育成条例で捕まります

あなたが成人ならお気をつけください。

たまには警官らしいことも言ってみました。

では、どうぞ。

 

スポンサーリンク

取調べ室

突然ですが、みなさん。

取調べ室と聞いて何を思い浮かべますか?

逮捕された犯人が、カツ丼を食べながら刑事の取調べを受けるところ

 

そんなイメージでしょうか。

しかし少なくともぼくは、犯人が取調べ室でカツ丼を食べている場面に出会ったことがありません。

話が逸れました。

取調べ室はなにも取調べだけをする部屋でもなければ、犯人専用に使うわけでもありません。

場合によっては、被害者や参考人から話を聞くのに使うこともあります。

事件発生

そろそろ冬本番かというような少し肌寒くなってきたある時、一件の通報が入りました。

守秘義務違反が気になるので詳しい内容は伏せますが、簡潔に言うとド派手なケンカです。

通報者は20代前半くらいの可愛らしい女の子で、被害者の娘さん(お子さん。被害者はこの娘の親御さん)。

暇だったのか、内容があまりにド派手だったためか、10人くらいで現場に急行し、被疑者を任意同行。

被害届の受理と詳しい話を聞くために、被害者とその娘も連れて警察署に向かいました。

出会いは取調べ室

他の警官たちが事件関係者たちを車に乗せ、署に戻った数分のち。

ぼくはバイクでゆうゆう署に到着。

みんなが慌ただしく動く中、こっそり喫煙所に向かい、一服してから取調べ室のある刑事課に向かいました。

取調べ室では被疑者と被害者を別々の部屋に分け、既に複数の警官たちがそれぞれの話を聞いているところ。

(取調べ室は複数あるんです。)

遅れてきたぼくはひとまず、まだ事情聴取を受けていない娘さんを担当することに。

空いている部屋に入り、目撃情報を確認。

あらかた事情を聞いてから、雑談もしたりして20分くらい経ったところでしょうか。

ぼくは次に被害届をとるために、その部屋を出ました。

その後は、忙しく事件の処理に追われることに。

スポンサーリンク

路上で再会

時は過ぎて、事件から約1か月が過ぎたころ。

それは事件や通報が多く、とても忙しいある日のことでした。

いつもは昼にきる切符をきれたのは、夜11時を過ぎてから。

その時刻まで、交通取締りをする時間が全くとれなかったのです。

とりあえずのノルマを達成して、一安心したところ…。

女の子
あの~。

 

後ろから女の人の声がしたので、振り返ると

女の子
あのときのお巡りさんですか?

 

と声をかけられました。

声の主は、1か月前のド派手なケンカ事件のときに話を聞いた女の子でした。

え、そんな偶然あんの?

 

と思われたかもしれませんね。

しかし彼女はぼくの所属する署の管轄内。

さらに言えば、ぼくのいる交番の管内に住んでいました。

遠方から来る人もたくさんいる繁華街ならともかく、ぼくの署があるのはいわゆるベッドタウン。

そのため、扱った事件の被害者などは管内に住んでいることが多かったのです。

なので、そんなに珍しい話ではありません。

逆ナン

女の子
連絡先教えてください。

 

ぼくは迷いました。

警官が仕事中に異性から連絡先を聞かれて、おめおめ教えるなんてことはご法度です。

いや、特別ダメだと言われたわけではありませんが、常識的に考えたらアウトでしょう。

無駄に規律が厳しい組織なので。

しばらくごねましたが、結局教えました。

理由は2つ。

①これ以前にも、事件の現場にいたお姉さんに連絡先を聞かれて結局教えたから「まぁいいや」と思った。

市民の希望に応えるのが、警官としての責務だと思ったから(棒)。

これを読んだあなたは、

お前は警官には向いていないよ。

 

と思ったでしょう。

ぼくもそう思います

国のためにも、本当に辞めてよかったです。

そして結ばれる

連絡先を教えてすぐに、メールでデートに誘われ、これに応じました。

そしてデート中、最初に会ったときにぼくに一目ぼれしたと教えてくれました。

なかなか特殊な趣味をお持ちのようです。

あとは…上の見出しの通りです(笑)。

今振り返ると、警官をやっていて良かったと思えるのはこれくらいですかね。

あとは、1人暮らしをするときに住宅手当(家賃補助)が出ること。

しかしこのあと、とんでもない事態がぼくを待ち構えていたのでした。

長くなりすぎたので、↓につづく。

 

警官が被害者の娘と付き合った結果がこちら~完結編~

2017.04.07

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、みんなにシェアしよう!