格闘家の減量式ダイエット②短時間で体重を1~2kg落とす方法

はい、どうも。ヴァシコ(@vasico7)です。

前回に引き続き、今回もダイエット記事です。

1つ目はこちら↓

格闘家の減量式ダイエット①カンタンに毎日少しずつ体重を落とす方法

2017.08.22

前回の記事では、毎日少しずつ体重を落としていくやり方を紹介しましたが、今回は短時間で体重を1~2kg落とす方法を説明します。

その方法とはズバリ、水抜きです。

 

スポンサーリンク

水抜きとは

水抜きとは、その名の通り、体内の水分を抜くこと

減量のある格闘家にとっては、必須と言っていいほどポピュラーなものです。

抜ける水分の量は筋量が多い人ほど多く、プロの総合格闘家だと5kg、アメリカやブラジルの選手なんかだと1日で10kg(!)落とす人もいるほど。

これは筋肉には水分が多く含まれているためで、ぼくは筋量が少ないので2kgが限界でした(゚∀。)

とはいえ、素人の方でも1~2kgであれば減らすことはできます

ただし、これはあくまで一時的なものにすぎません。

体が必要としている水分量を常に1~2kgも減らした状態でいることはできませんからね。

水抜きは、こんな人におススメ

格闘家が減量・水抜きを行うのは試合の前に計量があるからです。

この計量ですが、格闘家じゃない方にもありますよね?

学生なら身体測定、社会人なら健康診断があります。

そう!この水抜きは、こうした体重を測るイベントの際に

1kgでも多く体重を減らしたい(ノ∀`)

 

そんな乙女心を持つ方(性別問わず)におススメの方法なんです。

しかも、たった1日、あるいは数時間のガマンでこれができてしまいます(`・ω・´)b

スポンサーリンク

水抜きのやり方

実際にぼくが当時行っていたのは以下の2つです。

①計量の前日か当日にサウナに入って汗を出す

やり方はいたってカンタン。

サウナに入って大量の汗を流すだけです。

サウナスーツを着て運動をするのもいいですね。

これを計量の前日か、時間に余裕があるなら当日に行ってください

『あしたのジョー』の力石みたいに何日も前からやっても意味はありません。

前述したように、本来体が必要としている水分量を満たさないまま何日も過ごすことはできませんから。

水抜き完了から計量までの時間は短ければ短いほど理想的です。

また、無理に何kgも落とそうとしないでください

何kg落とせるかは人それぞれですが、これは何分サウナに入っていられるかなどの根性で決まるものではありません。

前述したように、その人の筋肉量の多寡や、元々の体重で決まります。

あなたがゴリマッチョな方なら話は別ですが、普段運動をしていないような人なら1~2kgも落とせれば充分です。

くれぐれも体調に支障をきたすような無理な減量は控えてください

さて、水抜き自体はこれで完了なんですが、この後体重を測るまでにやらなければいけないことがあります。

②水抜き後は水分を制限

減量女子
ふ~、サウナに入って体重が1kg減っちゃったわ。
減量女子
これで明日の健康診断もバッチリね♡
減量女子
ふ~、それにしてもノドが乾いたわ。(水ゴクゴクゴク…。)

 

~健康診断当日~

減量女子
おい、体重が増えてんじゃねぇかΣ(゚Д゚)!
減量女子
この記事サギじゃねーか、コノヤロー(# ゚Д゚)!

 

お分かりだと思いますが、これはNG例です。笑

せっかく大量に汗を出しても、その後で体重が減った分以上に水を飲んだら、体重はその分増えてしまいます。

なので水抜きが終わった後は、体に無理のない範囲で水分を控えめにして、減らした体重をなるべくキープしましょう。

ヴァシコ
理想はこんな感じ☟

 

ぐっどらっく(`・ω・´)>

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、みんなにシェアしよう!