ランサーズで評価を☆4にすると、クライアント側にもデメリットがある話

はい、どうも。ヴァシコ(@vasico7)です。

このブログでもお伝えしたとおり、2週間前から「ランサーズ」というクラウドソーシング・サイトでWebライターを始めました。

【辞め警・アトピー患者にもおススメ】Webライター始めます

2018.01.15

素人にしてはまずまずの出だしかな~と思っていたんですが、先日ちょっとしたToLOVEるトラブルにあってしまいました。

クライアントさんにある記事を納品したところ、評価に「☆4」を付けられてしまったんです( ゚д゚)

これがなかなかショックでした。笑

単純に自分の実力が不足していたのなら、☆4でもしかたないんですが、どうやらそういうわけでもないみたいで…。(たぶん)

この評価が付いてしまった背景には、どうやらクライアント(発注側)とランサー(受注側)の間に認識の違いがあることが大きいようなんです。

余計なお世話かもしれませんが、この認識のズレを知らないままランサーを評価することは、クライアントの側にとっても自分の首を絞めることにもなりかねません

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

ランサーにとって、☆4は結構痛い

評価が☆5つのうち、4なら良いほうじゃん

 

そう思われる方も多いでしょう。

確かに☆4なら、100点満点中の80点と悪い数字ではありません。

堺正章の料理番組だったら、☆4つは最大級の賛辞でしょう。

しかし、ことランサーズにおいて、☆4つはランサーにとっては「かなり悪い評価」なんです。

ランサーズでの評価は☆5がデフォ

どうやらランサーズでは、真面目に仕事をやっていれば、評価が☆5になるのは当たり前のようなんです。

例えば、以下の2つの事例をご覧ください。

ケース①プロジェクト終了後に、ライターに継続依頼する場合

クライアントさん
お願いしてたライターさん、良い記事書くな。継続して書いてほしいな。

 

→評価「☆5」

これは当然ですよね。

クライアントさんは記事に満足して、また継続して書いてほしいと思っているんですから。

次は、こんなケースです。

ケース②プロジェクト終了後に、ライターに継続依頼しない場合

クライアントさん
お願いしてたライターさん、イマイチだな。継続依頼はしないでおこう。

 

→評価「☆5」

これは謎ですよね。

記事に満足がいかなくて、継続依頼はしないのに、評価は5なんです。

でも、ランサーズではこういうケースも往々にして起こっているようなんですよ。

(良い、悪いは別にして)

クライアントさんがライターの書いた記事に満足がいかなくても、とりあえず評価に5を付けておくみたいな風潮があるようなんです。

ランサーの評価が☆4になった場合の弊害

こうなると、ランサーにとっての「☆4」は、「普通以下の評価」ということになってしまうんです。

そして「☆4」が付いたライターには以下の弊害があります。

弊害①仕事が受けづらくなる

単純に考えて、評価が☆5のランサーと☆4のランサー、あなたがクライアントならどっちに仕事を依頼したいですか?

当然、☆5のほうですよね。

評価が☆4になるということは、それだけ仕事も受けづらくなってしまうんです。

ランサーにとっては、かなり痛いですよね(゚∀゚;)

弊害②認定ランサーから遠ざかる

問題はそれだけじゃありません。

ランサーズには「認定ランサー」という制度があり、認定ランサーになると、「クライアントから高単価での依頼をもらえる」といったメリットがあります。

なので、ぼくみたいな初心者ライターは、まずこの認定ランサーを目指すんですが、認定ランサーになるためには、

クライアントからの評価が4.8以上でないと認定ランサー認可が得られません。

引用:ランサーズ

という条件があるんです(゚Д゚)!!

(この「4.8」ってのは、「平均で」ってことですね。)

つまり評価に☆4をつけられれば、つけられるほど認定ランサーへの道は遠ざかってしまうんですよ!

もちろん、これはランサー側の都合ですが。

☆4がついた、今回のぼくのケース

んで今回、ぼくが受注したあるプロジェクトで、記事を納品した後にクライアントさんから評価がつきました。

ヴァシコ
☆4(゚Д゚)!

 

まぁ、クライアントさんとの認識の違いで、ちょっとしたトラブルがあったので(長くなるので、ここでは書きませんが)、それでこの評価が付いたんだと思いました。

でも、1つひっかかることがあったんですよ。

記事を納品した後に、クライアントさんから

クライアントさん
ヴァシコ様にはぜひ、また仕事をお願いしたい

 

って、メッセージや評価欄で計4回も言ってもらえたんです。

ヴァシコ
それなら、なんでそんなに悪い評価をつけたんだろう(´・ω・`)?

 

と思って、こんなツイートをしました。↓

スポンサーリンク

クライアントにとっての☆4は良い評価?

するとWebライター界の神様がこのツイートに、言及ツイートしてくださいました。(勝手に貼ってスミマセンm(_ _)m)

ヴァシコ
な…なんと(゚Д゚)!

 

言われてみれば、確かにそうなんですよね。

クライアントの側からすると、☆5が普通っていうランサーズの基準は、どう考えてもおかしいんです。

もしかしたら、ぼくの今回のクライアントさんも、ぼくをそこそこ評価してくれたうえで☆4をつけてくれたのかもしれません。

でも、クライアントさんにとっての☆4が良い評価だったとしても、さっきも言ったとおり、ランサーにとっての☆4は悪い評価なんです!

それで仕事が取りづらくなったり、認定ランサーから遠ざかったりするんですから!

上述したとおり、これはランサー側の都合なんですが、この問題はクライアントの側にとっても無関係の話ではありません。

なぜなら、このクライアント側とランサー側の認識のズレを知らないで、ランサーに☆4の評価をつけると、クライアント側は自分の首を絞めることにもなりかねないのですから。

クライアントがランサーに☆4を付けると、仕事を受けてもらえなくなる

正直に言っていいですか?

ぼくは、自分に☆4を付けたクライアントさんの仕事の依頼は、もう受けたくありません(´・ω・`)

そういう方の仕事の依頼をまた受けて、また☆4を付けられたら、自分の評価もさらに下がって、さらに仕事を取りづらくなるからです。

もちろん、ランサーの仕事が気に入らなくて、☆4を付けるのは何の問題もありませんよ?

そのランサーには、もう仕事を頼まなければいいだけの話ですから。

でも、継続して依頼したいランサーに☆4をつけたら、そのランサーはあなたの仕事を受けてくれなくなる可能性が高いです。

クライアントさんが良い意味で☆4を付けたとしても、ランサーは

ヴァシコ
悪い評価つけたのに、なんでまた依頼してくるの?

 

と思ってしまいます。

それに言いかたは悪いですが、自分の評価を下げてまで、☆4をつけるクライアントさんの依頼をまた受ける理由がないですから。

良い意味で☆4をつけるクライアントさんは要注意

もちろん、上のツイートにもあるとおり、ランサーに「良い意味」で☆4をつけるクライアントさんもたくさんいることでしょう。

でも、ランサーにしてみれば、☆4は悪い評価なんです。

そうと知らずにランサーに☆4を付けていると、ランサーはあなたの仕事を継続して受けてくれなくなる可能性が高いです。

あなたに何の悪気も落ち度もなくても…。

おわりに

このクライアントとランサーの認識の違いは、双方にとってデメリットが大きいと思ったので、思い切って今回記事にしました。

ランサーズ歴2週間のペーペーが、こんなことを書いていいものかと少し迷いましたが、このまま看過するのはクライアントさんの側にとっても良くないことだとも思ったので。

まぁ言うて、このブログには大した影響力もないんですけどね。笑

ぜひ参考にしていただけると幸いです(`・ω・´)>

 

おわり

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら、みんなにシェアしよう!